2006年11月28日

1ヶ月って十分ですか? − 「スウィート・ノベンバー」

映画タイトル: スウィート・ノベンバー

あらすじ:

サンフランシスコの一流広告会社でクリエイティブ・ディレクターを務めるネルソン・モス(キアヌ・リーブス)は、「成功」の二文字しか頭にない仕事人間。華々しい受賞歴を誇り、クライアントヘのプレゼンテーションでは常に競争相手に勝利してきた。そんな彼が、免許の更新に出かけた運転試験場で、風変わりな女性に出会う。
彼女の名はサラ(シャーリーズ・セロン)。ネルソンのせいで更新試験に落ちたサラは、彼のアパートメントに押しかけ、自分のために車を運転するように強制する。動物実験に使われようとしていた犬を盗み出す片棒を担がされ、「冗談じゃない」とキレそうになったネルソンに、サラは奇妙な提案をする。「今日で 10月は終わるわ。あなた、私の"11月"にならない?」
11月の1か月間だけ、サラの家で一緒に暮らすこと。その間はいっさい仕事をしてはいけない――それがサラが提示した条件だった。「私、問題を抱えた男性を救う特殊能力があるの。あなたは不幸の典型よ。重度の働きすぎで、何に対しても愛情がわかなくなってる」と断言するサラ。「君みたいな変人に何ができるんだ?」と問うネルソンに、サラは言う。「箱の中のあなたに、光を当てるわ」と。
最初は相手にしなかったネルソンだが、思いもかけないトラブルから会社をクビになり、結局サラと暮らすことになる。1か月だけ同居し、その後はそれぞれの道を行く、という条件で。
こうして2人は、期間限定の恋人同士になった。
サンフランシスコの下町の、古いアパートメントの2階。犬の散歩を仕事にし、プランター代わりにしたテレビに植物を植え、ネルソンの幼い頃の話を聞きたがるサラ。彼女はかつてペット会社の経営者でありながら、仕事と家族を捨て、月替わりでさまざまな男性と同居していた。彼らを"救う"ために――。
なぜ1か月だけなのか、と問うネルソンにサラは答える。「じゅうぶん思い出は作れるし、きれいに別れられるから」と。
少しずつサラを愛し始めるネルソン。しかし、自由で気ままな生活を楽しんでいるように見えるサラには、ある秘密があった……。

コメント:
もはやどの作品見てもネロに見えちゃうキアヌ・リーブスだけど、ラブストーリーにもはまるんだね。
最初は突然空飛び出しちゃうんじゃないかくらいの違和感があるにはあったけど(笑)

自分的にはネルソンの破天荒な敏腕広告マンぶりをもっと見たかったね。最初のプレゼンシーンとかは面白かったし。
でもまあこの物語の主題はまったく別にあるわけで。
自分がラブストーリー系が全体的に苦手というのもあるんだろうけど、なんか終盤の展開にちょっと無理があるような気がしないでもない。
なんというかあまり具体的にサラの抱えている問題が表現されないので、そこにリアリティが無いって言うか。なんか「ホントか?」と思ってしまわないことも無い。
ということでどことなく後味の悪さも残るエンディングではあった。

でも一方でアメリカの中では美しいと思える町並み、景色をもったサンフランシスコが舞台ということで、たびたび出てくるゴールデンゲートブリッジのシーン含め、なんか西海岸ならアメリカも悪くないなと思わせてくれて、その辺の気持ちも払拭してくれる。

つまりは、素直な気持ちで見れば普通に泣ける映画だとは思うわけで、自分のへそ曲がりぶりを反省するのであった。

評価: stars

評価者: まっくす

評価日付: 2006-11-23

制作会社: ワーナー・ホーム・ビデオ



映画館で並ばずにチケットが買える!
  generated by feedpath
posted by まっくす at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちっちゃなツッコミ。
キアヌが○○にしか見えない、とされているのが、マトリクスの登場人物を指すのなら、
「ネロ」じゃなくて、「ネオ」では?
「ネロ」では、暴虐なローマ皇帝か、憧れのルーベンスの絵の前で眠りについてしまう物語の主人公になってしまいます。

「フランダースの犬」は、たまらなく鬱系バッドエンドなので、通してみる気がないんですよねぇ。
なんか、自分の感情もダウナーよりになってしまいそうで。
でも最後に夢が叶ったことで救われたものと思いたいですな。
Posted by いわん at 2006年11月28日 22:57
う、すません。
この手の間違い多いなぁ。
まぁ面倒なのでこのままで・・・
常にほろ酔いで書いてるのでこんなもんです。
Posted by まっくす at 2006年11月29日 07:45
あたしも、重箱の隅ばかり突ついてスンマセン。
あたしも、もう少し映画を見る人だったんだけどなぁ。
ここ数年、というスパンでまともに映画を見ていない・・・(;´Д⊂)
Posted by いわん at 2006年11月29日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28419861
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック