2005年12月05日

まとめてレビュー(11月分 その2

続いてラーメン編


ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON@秋葉原
2005-11-29

秋葉原の新名所ヨドバシカメラの中にあるレストランフロアにまたもちゃぶ屋が支店を開店。
ちょっと矢継ぎ早に出しすぎ?しかしながらただただコピー支店をださないのがちゃぶ屋。
ここ秋葉のお店はとんこつをメインにすえての展開。
いわゆるただのこってりとは違う、やはりどこかにちゃぶ屋テイストが漂うスープ。揚げにんにくがそれを感じさせるのか。全体的にあっさりした風味。
どこか上品な感じもありおいしいと思う。
そして麺はノーマルだと少々ゆるさも感じるが、替え玉ひとたま無料という設定から、ここはそれに従い堅めで替え玉を注文すれば、しっかりとんこつらーめんの味わいを楽しむことも出来ます。
大型店のレストランフロアでの出店ということで他のちゃぶ屋のようなおしゃれな雰囲気はありませんが、まぁこれはこれで列作ってまでって気持ちにはなれませんが、秋葉の買い物のついでと思えば十分かと思います。

-----

はつね@西荻
2005-11-23

平日のお昼しか営業していないということで地元の方以外はなかなかいけないだろうこのお店。
たまたま荻窪に一日用事があったので足を伸ばして西荻に来て見ました。
西荻南口からすぐそこにあるこのお店。
カウンター6席しかないノスタルジックなお店ですね〜。
そして注文したタンメン大盛り(700+100円)
これまたノスタルジック。
まず一口すすったスープはちょっと塩味強めかなぁと思ったもののこれが食べ進めていくと麺や野菜とからんでまさに丁度いい塩梅に。
しかしながら激しい感動を覚えるというほどの味ではないかも。
近くにあれば通いたいけどわざわざ遠くまで行ってまでは・・・って感じでしょうか。
今月中はわけあって無休で営業らしいので普段平日にはいけないという方はチャレンジしてみては?

-----

春木家本店@荻窪
2005-11-22

普通かな。
塩ラーメン900円をあえて注文。
女将さんがやたら食べ方のアドバイスをくれる。
おいらが子供に見えるからかすごくやさしく、サービスでおこげご飯とかくれたりして、うれしかったが。
こういうのが嫌いな人は嫌いかも。
自分的には実家のオカン思い出してほんわかしたけど。

ラーメン自体はちょっぴりボリュームすくなめ、具もシンプル。あぶりチャーシューはおいしかったです。

-----


春木屋@荻窪
2005-11-22

ノスタルジーっていうんですか?
10年前に食べたらおいしいなぁって思ったかもしれないけど。
ラーメンも進化するものですから。
あと、ワンタンメンとかチャーシューメンの異常な高価さにビビりました。

-----

毛家麺店@千駄木
2005-11-06

天外天のお隣のこのお店。
お勧めは坦坦麺みたいです。
坦坦麺って本当にお店によって全く違うものが出てきますが、自分的にはただ辛いだけじゃなくてスープにそれなりにコクがあるものが好き。
ここの坦坦麺はそのタイプでプラスして大量の黒ゴマと香菜やナッツを初めとしたアジアンテイストな具材が個性を出してます。
注文してから出てくるまでが以上に短いのがちょっと不安になりましたが実際に食べてみると安心。
ただスープに比して麺がちょっと弱いかなって感じではあります。

-----

破天@本郷
2005-11-06

焦がし醤油ラーメンをいただきました。
スープのかなり真っ黒ぶりを除くと食べた後の感想は極めて「普通」
ここのラーメンが食べたくてたまらなくなって再訪、ということは無さそうですがお腹が空いてるときに前を通りかかったら食べちゃうかもしれない。
そんな感じですね。
posted by まっくす at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

青葉@御徒町

先週に引き続き御徒町のらーめん横丁へ

今回は中野の有名店「青葉」の支店です。
本店は未経験なのですがかなりの有名店というお話なのでこちらでは特に行列も無く食べられるっていうのはいいことですね。

ということで特製ラーメン 850円也を選択することにする。

むむむむ。
これはただごとではない。
いつもは塩至上主義の自分だがこのスープはおいしー。
いわゆるWスープってやつですか。動物系と魚系の風味が程よく交じり合ったお味。それでいてしつこくなく。これまたおいしいチャーシューの風味もスープに移って味を引き立ててますね。
んで、具。さきに書いたチャーシューにくわえてたくさんかつ大きめで食べ応えがあるメンマは味付けも押さえ気味でそのすばらしいスープの味をうまく吸い取って味わいを深めてまする。
麺はコシがあるタイプではなくどちらかというとモチモチとした感じだけどこのスープにはこの麺があってますね。
全体にちりばめられたあらびき胡椒もスープにアクセントをつけてます。

本店がこれ以上だとするとぜひ体験したいなぁと思った土曜の午後でした。

青葉御徒町青葉特製らーめん
posted by まっくす at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ちゃぶ屋@御徒町

いつのまにやら御徒町のガード下に

らーめん横丁&銀河高原ビールなどという施設が・・・

これで上野・御徒町界隈はちょっとしたラーメン博物館状態ですね。
上野発祥のラーメン屋がいまいち弱いのはきになりますが
いわゆる有名店がひととおりそろった状態になりつつあります。

で、その中でも本拠地護国寺以外では池袋にのれんわけ店を出しているだけ
の有名な割には手を広げていないお店「ちゃぶ屋」がここに出店していたのです
これはびっくり。

しかも「味噌専門店」として!
これはやられた。ダブルショック。

何度か書きましたが私、ラーメンに関しては一に塩、つぎにとんこつ、で醤油という感じで味噌ラーメンに関しては基本的に評価してません。
というのもおいしい味噌ラーメンというものにとんと出会った記憶がないんです。
どうも味噌って味が強すぎて微妙な味わいというかそういうのが出ない気がするんですよね。

で、ここちゃぶ屋。
ねぎ味噌ラーメンに揚げにんにくをつけてオーダーしてみました。
本店と同じ底の深い器にはいったラーメンが登場。丁寧に作られてる感じがします。
ちゃぶ屋といえば焦がしねぎなわけですが、味噌でもそれはばっちりはいって独特の香りを楽しませてくれます。肝心のスープの味ですが味噌は味噌なのですが比較的押さえ気味であっさりした感じ。これは嫌いじゃないです。
さらに軽くマー油なんかも加えられていてなかなか工夫が見られます。
結局のところどっちかといえば塩のほうがすきなんですが、ここの味噌ならまた食べてもいいかなと思いました。
メニューにはその他カレー風味味噌なんていう気になるものもあったので次回是非・・・

あっと店内の雰囲気ですがこれまたちゃぶ屋共通のおしゃれなつくりでBGMはジャズというのは踏襲されておりますので狭い店ではありますがデートのお昼とかでもありじゃないですか?

横丁ちゃぶ屋ネギ味噌ラーメン
posted by まっくす at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

上野大勝軒@上野

三顧の礼
5/1 日曜日定休日ですごすごと撤退
5/4 ゴールデンウィーク中にてお休み、で撤退
ということで三度目のチャレンジでついに入店。

大勝軒上野駅の入谷口からすぐの場所です。
まぁ有名な東池袋の大勝軒の暖簾わけ店なわけですが、店主さんはもともとそちらの本店の大ファンで20年間通いつめてるうちに弟子になっちゃって自分で支店まで作っちゃったてな経歴みたいです。んで今の店長さんはなんと19歳の女の子。すごいなぁ。店先でもてきぱき頑張ってるなかなかのCuteGirlです。
てな辺りの情報は店内に張りまくってる新聞記事や雑誌記事を注文が来るまでの間に読むとたくさん勉強できます(笑)
自分は「特製メンマつけ麺中もり」を選択。メンマはノンカロリーだから!
通常の特製つけ麺なら680円ですから、けっこうリーズナブルですね。

特製メンマつけ麺んで、まつことしばし出てきました。
す、すごい麺の量・・・
やっぱ調子に乗って中もりとかにするんじゃなかったか。
後で見ると普通のもりで通常のラーメンの2倍、中もりだと3倍もあるそうです・・・Orz
先日「犯人は麺だ!」と解明したところなのに、これは・・・
麺じたいはコシがあるタイプじゃなく、プリプリ系これはつけ麺の麺としてはけっこういいですね。ただ今回はあつもりにしなかったのですが、やっぱ中盤以降スープが冷めてきちゃうんで、できればあつもりにしたほうがよさげですな。
で肝心のスープですが、どちらかというと甘めで+軽いしょっぱさって感じでしょうか。
町屋の「勢得」あたりのスープに近いかも。
自分はどちらかというとつけ麺スープはしょっぱい系が好きなのでちょっと量が多いときつくなってきますね。うちの近所の東大前「支那虎」系の方が好みではあります。(そういえばこないだ支那虎行こうと思って前まで行ったら「店主急病で月末までお休み」という表示があった。早く復帰してくれるといいなぁ心配です)

ということで総括すると、とにかくボリュームは満点なのでおなかが空いてるときはいい感じっぽいけどスープは好みがあるかも。
あと麺はあつもり推奨ね!
posted by まっくす at 23:00| Comment(0) | TrackBack(2) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

久々に・・・そして重めに・・・

さて、護国寺にお泊りしたからにはやはりアレでしょう。
そう
前々から行こうと思ってめんどいからいってなかったちゃぶ屋にいく!
コレ

で、知らなかったんですがいま護国寺にちゃぶ屋は二店舗あるそうです。
もともとあった
柳麺ちゃぶ屋
とその後塩ラーメン専門店としてオープンした
CHABUYA JAPAN SIORAHMEN BRANCH

の2店。
で、思い切って2店舗ともいくことに大決定!まあめったに護国寺とかこないだろうし・・・

でまずは塩ラーメンのCHABUYA JAPANから。
梅塩ラーメンを注文。
同名のメニューはまっくす一押しの店湯島天神下の大喜にもあるがこちらの梅塩もかなり大喜のものに似た感じ。
超極細の麺にスープはごくあっさりの和風の風味に梅の味。大喜だとかいわれが入るところにCHABUYAはとろろ昆布を入れてくる。さらに焦し葱、焦しにんにくあたりがまさにCHABUYAたる個性のアピールか。全体的に梅の風味は大喜のほうが感じられるが、スープを味わいやすいように工夫したそこの深い器や大きなレンゲは店主のやさしさも感じられる。

で、満足しながら柳麺ちゃぶ屋へ移動。
こちらでは本来普通のらぁめんをいただくところだが、後輩の薦めもありあえてみそらぁめんをチョイス。
自分は基本的に味噌ラーメンがあんまりすきじゃないのでチャレンジングではありますが・・・(あんまり味噌ラーメンでおいしいものってないような気がするんですよね)
で、こちらもやはりちゃぶ屋ならではのフレンチな香り漂うアレンジ。
焦し葱などはやはり健在でかつさきほどの塩よりも微妙に厚さのある平細麺が、スープとうまく絡み合います。味噌味のスープ自体はやはり自分が感じるに味噌スープの壁を越えられてないとは思うのですが、その他の具材を含め全体の完成度は非常に高い丁寧なラーメンだと感じました。
こちらのおみせでは周りを見渡したところざるラーメン(つけ麺)が人気だったみたいなので次回来店できる機会があればそちらを試したいですね。

なんにせよひょんな機会で数年来いきたかったちゃぶ屋にいけたのはうれしゅうございました。
#またカップラーメン復活しないかなぁ
posted by まっくす at 23:00| Comment(2) | TrackBack(2) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

麺屋武蔵武骨Part2

以前の記事で一度チャレンジした麺屋武蔵武骨ですが、前回の「白」だけだといまいち真価がわからなかったので、別メニューにチャレンジすべく再訪。

平日の昼下がりですが一応行列あり、さすがの人気店ですね。
今回は「黒」にチャレンジ。
なにやら黒色の秘密はイカ墨と熊本産マー油だそうな。
イカ墨のラーメンとマー油のラーメンはそれぞれで食べたことがあるけど、両方をブレンドしたものははじめてなのでちょい期待。
う〜ん黒い。なるほどイカ墨のほんのりした甘みと、マー油の滑らかな口当たりが微妙にブレンドされてなかなか楽しくはある。
スープ以外の具は白とほとんどいっしょなので売りはこのスープということなんでしょう。
とりあえずまたもかつての武蔵で感じたような失望感は感じなかった。武骨やるな!
次回は「赤」もいってみたいとおもいまふ。
posted by まっくす at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

麺屋武蔵 武骨

最近とみにラーメンづいてますが、本日もいってまいりました。

麺屋武蔵 武骨

まあ有名な武蔵の4番目の支店だそうです。
実は新宿の武蔵本店についてはかつて食べに行った感想を東京レストランガイドにコメントしようと投稿した際に「スープが魚の風味が強すぎて飲んでて気持ち悪くなった」とか書いたら検閲に引っかかりまして掲載不可になってしまったという因縁もあるのですが、まあそれはさておき。

上野のこのお店については従来の武蔵とは違い豚骨がベースになっているということで、まあ自分でもいけるかなと思いトライしてみたわけです。
店内に入るとこれがかなりせまめ、12席ほどのカウンター席がさらに二つに分断されており、こりゃ大変。
メニューは赤、黒、白の3種類ということでスパイシーな赤、イカ墨入りの黒とあった中でまあまずは基本ということで白にしてみました。
肝心のスープのお味のほうは正統派の豚骨とはまた違うやはり武蔵風の魚介風味を感じるものの本店のようなしつこさはなく、割といい感じ。麺はこれまた武蔵独特の太ちぢれ麺。これは個性的でおいしい。
総合すると、「ありやね」ということで、病み付きまでは行かないものの「そのうち赤なり黒なりもまたたべにこようかなぁ」くらいのことは思わせてくれるレベルのものではあったのでした。
posted by まっくす at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

昨日のラーメン

昨日はお昼と深夜に2店舗行ってきました。

まず 山頭火
以前の職場につとめてたときは近所の神保町店にはしょっちゅう行ってましたが、上野店は初訪問。
いまやかなりのチェーン店ですがなんだかんだいってもここの塩らーめんは大好きなのです。
麺はそんなにインパクトのあるものではないんですが、スープは最高。ほんのり甘くてそれでいてこってりしすぎず、どんどん飲める。スープだけでもいいくらい。
おとなりの一風堂はじめ最近ラーメン激戦区の上野界隈ですが、ちょっとあるいてもちょくちょくはいきたくなりますね。

で、続いて深夜に友人と 白山ラーメン へ
こちらは一転こってり系ですが、やっぱり夜中となるとちょくちょくいっちゃうんですよね。
家から歩いていけるっていうのも大。夜中の3時とかさすがになかなか開いてないですから。
それでも昔に比べるとかなりあっさりしたような(とはいってもやはりこってり系だけど)気がしますね。まあ深夜に食べるならあまりこってりしたのは体にも悪そうだし、いい変更なんじゃないでしょうか。まあ夜中にラーメン食ってる時点で体に悪そうですが。
posted by まっくす at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | Ramen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする